会社沿革



昭和43年(1968年)
九州洗染機材創業。

クリーニング用機械、洗剤、包材、各種工業薬品の販売を開始。


昭和46年(1971年)
株式会社キューセンを設立。資本金300万円。


昭和50年(1975年)
第一工場建設、製造加工部門に参入。

3色グラビヤ印刷機導入、自社印刷に着手。


昭和54年(1979年)
第二工場建設、製造、加工部門を強化。

ポリエチレンフイルム製袋機を設置、ポリ製包装材の生産、販売開始。


昭和60年(1985年)
福岡営業所開設。

タイムパッカー 着物用永久保存袋を三菱ガス化学(株)と共同開発。
きものの鈴乃屋と提携し全国販売を開始。



昭和61年(1986年)
北九州市門司区新門司に

ドライクリーニング用溶剤タンク屋外タンク貯蔵所(20,000Lタンク 2基)設置。


昭和62年(1987年)
第二工場拡充。

超音波シール機、サイドシール機および付帯設備一式を導入、不織布とCPPフィルムの張り合せ加工製品を開発、全国販売を開始。


平成元年(1989年)
新製品
プラスチック製フレンドクリップの考案〔実用新案〕製造販売開始


平成3年(1991年)
新製品
ランランクリップの考案、製造販売開始。


平成4年(1992年)
業務用スチームアイロン用耐熱ホース
〔ローテンホース〕の開発、生産販売開始。


平成5年(1993年)
台湾〔震欣企業虍粉有限会社〕と
合弁にて曼国に KYUSEN THAILAND CO.,LTD を設立。
ネクタイ用不織布&CPPの変形袋を考案、販売。


平成7年(1995年)
写真フィルム包装保管用の袋考案、

大日本印刷と提携生産開始。資本金1、000万となる。


平成8年(1996年)
WINBESTと業務提携。縫製品の強化。


平成14年(2002年)
若松に工場、倉庫、事務所を集約。
機材商部を譲渡。メーカーとしての立場を鮮明にする。


平成15年(2003年)
香港 [HOME SHIN INTERNATIONAL CO.,LTD.]

と業務提携。組立式ワゴンやハンガーラック等の金属商品の生産、販売を開始。


平成18年(2006年)
業界初となる折り畳み式毛布 [コンビンエンス

ポリバッグ] シリーズを開発、全国販売開始。


トップページ に戻る